TaoTronicsのミニサウンドバーTT-SK027をレビュー!大迫力なサウンドと光るLEDの演出で目と耳で楽しめるゲーマーにおすすめのスピーカー

TaoTronics TT-SK027

コスパの良いガジェットやオーディオ機器で高い人気を誇るTaoTronicsから何とも魅力的なミニサウンドバータイプのスピーカー「TT-SK027」が発売されました。

ミニサウンドバーという名前からも分かる通り、コンパクトでまさに丁度いいサイズ感のサウンドバータイプのスピーカーです。

スピーカーって興味ない人はよく分からないかもしれないけど、騙されたと思って一度交換してみると普段のテレビ視聴ですら迫力や臨場感がまるで違ってくるものなんですよね。

それが映画や音楽を楽しむってことになったらそれはもうまさに別世界にいるようなもんです。

しかも、サウンドバータイプのスピーカって見た目がカッコいいじゃないですか。最高ですよ。

今回紹介するTaoTronicsのミニサウンドバー「TT-SK027」はカッコよくもあり音質も最高で価格もお手頃というまさにコスパ最強のスピーカーなんです。

TaoTronics TT-SK027

今回紹介するのはこちらの「TaoTronics TT-SK027」です。

AUXやBluetooth接続に対応しており、テレビはもちろんスマホやタブレット、パソコンやMP3プレイヤーなど様々なデバイスで迫力のある音を気軽に楽しむことができます。

また、音楽に合わせて光るLEDライトなど、耳はもちろん目でも楽しむことのできる魅力的なサウンドバータイプのスピーカーとなっています。

TaoTronics TT-SK027を写真でチェック

TaoTronics TT-SK027の付属品

  • ミニサウンドバー本体
  • 電源アダプター
  • 3.5mm ステレオミニケーブル
  • ユーザーガイド

まず初めに内容物の紹介です。ミニサウンドバー本体、電源アダプター、3.5mmステレオミニケーブル、ユーザーガイドなどがセットになっています。

コンパクトでパワフルなミニサウンドバー

幅42cm×7cm7cmの大きすぎないサイズ感のサウンドバーです。大体ですが20~27インチくらいの液晶モニターと相性が良さそうです。

7W出力の52mm径スピーカー2つに加えて低音増強用のパッシブラジエターを2基搭載したデュアルパッシブラジエター構造で外観からは想像できない迫力のあるサウンドが魅力です。

背面はこんな感じ。電源アダプターの入力ポートとAUXの入力/出力ポートが搭載されています。

ちなみにですが、壁掛け用の穴があいているので壁にかけて使うこともできますよ。

アップにするとこんな感じ。電源周りはシンプルで、基本的には電源アダプターを接続するだけ。

左右のスピーカー配線などの煩わしさがないのがサウンドバータイプのメリットでもあります。

スピーカー天面には各操作ボタンがあります。物理ボタンなので押しやすくて◎

左から電源ボタン、音量+ボタン、音量ーボタン、再生/一時停止ボタン、タイマーボタン、ライトモードの設定ボタンとなっています。

底面はこちら。上部の白いところがLEDライトになっています。これが光るとめちゃくちゃかっこいいんですよ~!

TaoTronics TT-SK027を実際に使ってみた

ということで、紹介はほどほどにTaoTronics TT-SK027を実際に使用してみました。

いやね、底面に設置されたLEDパネルがピカって光るんだけどもうめっちゃカッコいいです。

もちろんスピーカーだから音が重要だということは十分にわかってはいるんですよ。

だって音質はTaoTronics製品だから満足できないわけないじゃないですか。この価格帯のスピーカーなら十分満足できるくらい迫力のある音がしましたよやっぱり。

ちょっと具体的に言うと低音は若干パンチが弱めですが中~高音は綺麗で聴きやすく全体的にバランスの取れたフラットな音質でしょうか。

だけど何よりもこうして耳だけではなく、目でも楽しませてくれるスピーカーなのでゲーミングPCを使うゲーマーにはかなりいい感じなんじゃないかなぁって。

ただ1点だけ気になったことがあって、電源をON/OFFするときのピコーンっていう通知音が結構大きい音がするんですよね。

まぁ昼間だったらそこまで気にならないかもしれないですが、夜中とかだと結構ビックリしてしまうかもしれません。(ここの音量が調節できればよかったのですが)

デスクでちょっとした仕事をするときにも大活躍。コンパクトなので持ち運びが楽だし、音質もいいのでウォークマン+Bluetoothの相性バッチリです。

もちろんデスクトップPCとの相性もバッチリ。迫力のある音とLEDイルミネーションでゲーム中のテンションもめちゃくちゃ盛り上がります。

あと僕はアマゾンプライムビデオをよく使うんだけど、フラットな音質で聴きやすいので音楽を聴いたり映画を見たりするのもこれ1つで十分かなってくらいに丁度いい感じです。

僕がゲームをするときは27インチのモニターに自作のゲーミングPC(デスクトップ)で遊んでいるのですが、まさにジャストフィットといってもいい感じでしょうか。

んでTaoTronicsさんめっちゃゲーマーのこと考えてるな~!って思ったのがこのカウントタイマー機能。

プレイ時間をカウントするのはもちろんMMORPGなんかであと〇〇分でボスが沸くんだよな~とか〇〇分でイベント開始なんだよねなんて時にカウントできるわけですよ。

自分は今までこういう時(特にボス待ち)にわざわざスマホのストップウォッチ機能を使っていたのでこれは捗るな~!

そして普段はモニターを乗せているガラス製のモニタースタンドの上にこのサウンドバーを置くとLEDが怪しい光を醸し出してめっちゃいい雰囲気になります。

これ、昼間の撮影でこんな感じの雰囲気ですが、夜暗い部屋で撮影するとかなりヤバイです。

しかもライトモードにはいくつかの設定があって、LEDの点灯パターンを変更することができるんです。

ライトモードの種類

  • カラーカルーセルモード:異なる色にサイクルするモード
  • ブリージングモード:人の呼吸のようなリズムでサイクルするモード
  • リズムモード:再生している音楽に合わせて色と明るさが変化するモード
  • オフモード:ライトをオフにするモード

中でもおすすめはリズムモード。音楽を聴くときやゲームをするときには絶対にテンションが上がるのでリズムモードがおすすめです。(好き嫌いが分かれるとは思いますが)

落ち着いた雰囲気が好きだという方は人の呼吸のようなリズムで優しくLEDが点灯するブリージングモードがいい感じでしょう。

そしてLEDは別に点灯しなくていいんだよねと言う方も使えるようにLEDライトをオフにすることもできます。

公式ツイッターの中の人がすごーく優秀な動画をアップしていたので紹介しますが、見ると段々欲しくなってきてしまうので注意してくださいね(笑)

TaoTronics TT-SK027についてのまとめ

今回紹介した「TaoTronics TT-SK027」は迫力のあるサウンドを耳で楽しむだけではなく光るLEDライトで目でも楽しむことのできるとても魅力的なサウンドバータイプでした。

接続も簡単だしこの価格、サイズでは十分すぎる14Wの高出力は音楽を楽しむだけでも十分満足できますが、LEDライトがもたらす演出はやっぱりゲーミングPCとの相性が抜群です。

なので個人的にはこのサウンドバーはゲーマーさんにこそおすすめしたい製品かなぁと。

そしてなんと!このブログの読者様限定のとってもお得なクーポン情報が用意してあります!

お買い得クーポン(20%OFF)

  • クーポン番号:TTSK027TO
  • 有効期限:2019年10月9日~2019年10月11日(23:59)まで

アマゾンで購入する際にこちらのクーポンコードを打ち込んでいただくと、何と20%OFFで購入することができます。期間限定ですのでこのチャンスを絶対に逃さないようにしてくださいね!

もしパソコン用のスピーカーを探しているだとかゲーミングPCに合うスピーカーを探しているなんて人がいたらTaoTronics TT-SK027を検討してみてくださいね。

気になった方は是非調べてみてね

その他TaoTronics製品のレビュー記事はこちら

TaoTronicsのSoundLiberty 77をレビュー!左右同時伝送に対応し片耳モードを搭載したコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン スタミナ抜群でコスパ最強のワイヤレスイヤホン!TaoTronics「Sound Liberty53」をレビュー 価格もサイズも丁度いい!TaoTronicsのPCスピーカー「USB サウンドバー TT-SK018」をレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)