TaoTronicsのSoundLiberty 77をレビュー!左右同時伝送に対応し片耳モードを搭載したコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン

ついにあのTaoTronicsがやってくれました

先日、コスパの良いガジェットやオーディオ機器で高い人気を誇るTaoTronicsから最新の完全ワイヤレスイヤホン「Sound Liberty 77」が発売されました。

コレ、何が凄いって、低価格なのにも関わらずハイエンドモデル顔負けのまさに全部盛りといってもいいほどの様々な機能が搭載されているということ。

例えばMCSync技術を利用した左右同時伝送や片耳のイヤホンだけで聴くことのできる片耳モード、IPX7相当の防水性能やMac勢に嬉しいAACコーデックにも対応しているんです。

そしてこれだけの高スペックなのに価格は1万円を大きく切るという衝撃のプライス・・(笑)

今回の記事ではそんなコスパ最強の「TaoTronics SoundLiberty  77」の外観や実際に使用してみた感想などをレビューするので是非とも参考にしてみてくださいね!

TaoTronics SoundLiberty 77

今回紹介するのはこちらの「TaoTronics SoundLiberty 77」です。

1万円以下と低価格ながらも左右同時伝送や片耳モード、IPX7相当の防水機能やAACコーデック対応などハイエンドモデル並みの様々な機能が搭載されています。

中でも個人的に一番嬉しいのはやっぱり片耳モードですかね。音楽は聴きたいけど両耳を塞ぎたくないときって結構多いじゃないですか。

TaoTronics SoundLiberty 77を写真でチェック

TaoTronics SoundLiberty 77の付属品

  • SoundLiberty 77本体(充電ケース+イヤホン本体)
  • イヤーピース3ペア(1つはイヤホンに装着済み)
  • MicroUSB充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • クイックスタードガイド等

まず最初に内容物の紹介から。SoundLiberty 77本体、イヤーピース3ペア(1つは装着済み)、MicroUSBケーブル、取扱説明書、クイックスタートガイド、保証書がセットになっています。

で、TaoTronicsの製品で何が嬉しいかというと保証や製品サポートがしっかりとしていること。

TaoTronicsの製品は購入から12ヶ月間+18ヶ月間(製品登録後)もの長期保証が提供されているので初期不良や故障などを気にせずに安心して使うことができるんですよね。

機械である以上、故障って絶対にないとは言い切れないですからね。サポートが手厚いというのはそれだけで安心して購入できる理由になります。

汚れの目立ちにくいバッテリー内蔵型ケース

イヤホンを収納するバッテリー内蔵型のケースはコンパクトで非常に軽く、手に持ちやすい卵型の形状に。

色はマットブラック(艶消しの黒)で指紋や皮脂などの汚れが目立ちにくくなっています。

サイズ感としてはこんな感じ。手のひらにもすっぽりと収まるコンパクトサイズなのでカバンやポケットなどにもすんなりと収まります。

LEDインジケーターで充電状態の確認ができる

ケースの前面には充電状態をお知らせするLEDインジケーターが搭載されており、LEDの点灯状況によってバッテリー残量が簡単に分かるようになっています。

インジケーターは全部で4灯で1灯が25%刻みなのでとてもシンプルで分かりやすいのが◎

そしてそして!イヤホンの充電状態はなんとスマホの通知バー上でも確認できちゃうんです!スマホを使いながら手軽にバッテリー残量が確認できるので本当に便利ですよー。

ちなみにバッテリー持ちはイヤホン単体で約5時間の再生が可能、ケースと合わせると約20時間の再生が可能と圧倒的なスタミナがあります。

そしてケース背面には充電をするためのMicroUSBポートを搭載。なお、充電用のMicroUSBケーブルは付属品として付いてくるので新たに購入をする心配はありません。

さらにラピッドチャージに対応しているので、わずか10分の充電で約1時間分の使用が可能に。

ついうっかり充電を切らせてしまってもわずか10分の充電で1時間分使えるというのは忙しい朝の通勤や通学時などで非常に助かりますね。

ケースをパカッと開けるとイヤホン本体を格納できるようになっています。ここにイヤホンを格納することで自動的に充電されるので充電のし忘れの心配もありません。

ちなみに、一度ペアリングを済ませておけば次回以降はケースのフタを開けた瞬間にペアリングをしてしまうライトニングペアリング機能が搭載されてるので接続はとても簡単。

フタを開けてイヤホンを取り出すまでのほんのわずかな瞬間に自動でペアリングが完了しているため、小難しい操作も必要なくめちゃくちゃ便利です。

いわゆるうどん型ではないイヤホン本体

イヤホン本体は非常に小ぶりでマットブラック(艶消しの黒)、いわゆるうどん型ではなく耳にフィットしやすい形状になっているのが特徴です。

個人的にはうどん型は結構好きなのですが、逆にうどん型は嫌だなぁ・・と思っている人には非常に魅力的なデザインだと思います。

そしてこのイヤホンは片耳だけで使用することができる片耳モードが搭載されています。

片耳だけで使用できる完全ワイヤレスイヤホンはいわゆる高級機に搭載されていることが多い機能なので、この価格帯のイヤホンに搭載されているのはめちゃくちゃありがたいです。

サイズ違いのイヤーピースが付属している

最初からイヤホンに付いているものと合わせて計3種類のイヤーピースが付属。最初からついているものは丁度中間の大きさのものが付いていました。

もしイヤホンを耳にはめてみて違和感があるようならイヤーピースを付け替えて自分の耳にジャストフィットするものを選ぶとより高音質で楽しむことができます。

タッチセンサー内蔵で簡単に操作できる

そしてイヤホン本体の表面はタッチセンサーになっており、再生/停止はもちろん曲送り/曲戻しや音量操作などイヤホン単体でほぼすべての操作をすることができます。

なお、基本的な操作は以下の通り。

基本のタッチ操作

  • 再生/一時停止:タッチコントロールを2回タップ
  • 音量 +/ -:右/左耳のタッチコントロールを1回タップ
  • 次の曲/ 前の曲:右/左耳のタッチコントロールを2回タップ
  • 音声アシスタント:タッチコントロールを2秒ほど長押し

ハンズフリー通話

  • 通話応答:タッチコントロールを1回タップ
  • 通話終了:タッチコントロールを2回タップ
  • 通話拒否:タッチコントロールを2秒ほど長押し
  • リダイヤル:音楽再生以外の状態でタッチコントロールを3回タップ

TaoTronics SoundLiberty 77を実際に使ってみた

ということで、実際にTaoTronics SoundLiberty 77を使用してみました。今回の使用機器はXperia 1とウォークマンのAシリーズです。

やっぱりイヤホンたるもの重要なのはその音質ですからね。

それはもうアニソンからクラシックまで様々なジャンルの音楽をこれでもかというくらい聴いてみましが、解像度が高くクリアで透き通った綺麗な音質だというのが最初の感想でした。

音質を言葉で表現するのはとても難しいのだけれど、低音は若干物足りない感じがありますが中~高音は綺麗に伸びて結果的にバランスも良くとても聴きやすいという感じでしょうか。

とにかく、癖のある音質というわけではないので優しい感じの万人受けしやすい音質かなぁと。

SoundLiberty 53と比較して聴き比べてみました

ちなみにちょっと気になったので前回レビューしたTaoTronics SoundLiberty 53と聴き比べをしながら聴いていたのですが、お互いに得意としている音域が違うようで面白い結果となりました。

SoundLiberty 53は低~中音が強く高音域が苦手で、反対にSoundLiberty 77は低音が苦手で中~高音域が綺麗に伸びている・・といった感じです。(あくまでも個人的な感想ですが)

ドンシャリした音楽を聴くときにはSoundLiberty 53の方が迫力がありましたが、クラシックを聴いているときはSoundLiberty 77の高音域が非常に心地よかったです。

や、しかし正直どちらの製品もこの価格帯の製品とは思えない音質の良さでコスパは抜群です。

しかもこれ、MCSync技術を採用した左右同時伝送やBluetooth5.0という最新の技術が採用されていることもあって音飛びや遅延がほとんど発生しないというのも凄いメリット。

YouTubeなどの動画を見ていても遅延によるズレがないので違和感なく動画を楽しめました。

最後にひとつだけここが惜しい!と思ったところは充電端子がMicroUSBだったということ。

最近のアンドロイドスマホは充電端子にはほぼUSB-Cが採用されているのでSoundLiberty 77の充電端子もUSB-Cなら充電ケーブルも1本化出来てさらに捗っただろうなぁ・・と思いました。

TaoTronics SoundLiberty 77についてのまとめ

今回紹介した「TaoTronics SoundLiberty 77」はハイエンドモデル顔負けの機能満載な完全ワイヤレスイヤホンで、その価格からはとても想像ができない音質の良さが魅力的でした。

1万円以下で購入可能と低価格なのに最新の技術がたっぷりと詰め込まれているので初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入するという人でもきっと満足できるんじゃないかなと思います。

この価格帯のワイヤレスイヤホンは様々なメーカーから発売されており選択肢がかなり広いのでどうしても迷ってしまいがちです。

TaoTronicsの製品はアマゾンのレビュー上でもサクラではないしっかりとした評価の高いレビューが多いし、TaoTronics公式Twitterも1万人以上のフォロワーを抱える人気アカウントです。

中の人のツイートもガジェット愛に溢れている感じがして凄く親近感が湧くし、お得なキャンペーン情報などもよく呟いているので気になる人はフォローしてみるといいかもしれません。

実際に自分も愛用しているから言えるのですが、コスパの良いワイヤレスイヤホンを探しているのならTaoTronicsの製品は個人的にはかなりおすすめですよ!

そしてなんと!このブログの読者様限定のとってもお得なクーポン情報が用意してあります!

お買い得クーポン(25%OFF)

  • クーポン番号:NATUYUKI
  • 有効期限:2019年10月3日~2019年10月6日(23:59)まで

アマゾンで購入する際にこちらのクーポンコードを打ち込んでいただくと、何と25%OFFで購入することができます。期間限定ですのでこのチャンスを絶対に逃さないようにしてくださいね!

気になった人は是非調べてみてね

その他TaoTronics製品のレビューはこちら

TaoTronics TT-SK027 TaoTronicsのミニサウンドバーTT-SK027をレビュー!大迫力なサウンドと光るLEDの演出で目と耳で楽しめるゲーマーにおすすめのスピーカー スタミナ抜群でコスパ最強のワイヤレスイヤホン!TaoTronics「Sound Liberty53」をレビュー 価格もサイズも丁度いい!TaoTronicsのPCスピーカー「USB サウンドバー TT-SK018」をレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)