今年最後のビッグセール「サイバーマンデー」開催

ZNT PocketNekoをレビュー!防水機能のついた可愛いにゃんこデザインのbluetoothスピーカー

ZNT PocketNeko

ZNT様より、にゃんこデザインの可愛らしい防水bluetoothスピーカー「ZNT PocketNeko」をレビュー用に提供して頂きました。猫好きにはたまらない可愛らしいデザインのスピーカーです。

今回はこの防水bluetoothスピーカー「ZNT PocketNeko」をレビューしていきたいと思います。

ZNT PocketNeko


ZNT PocketNekoの特徴

IPX5の防水機能で水場でも使用可能

IPX5の防水性能を備えているのでお風呂場やキッチン、アウトドアなどでの水場でも大活躍。

マグネット付きでどこにでも貼り付けられる

スピーカー本体の裏にマグネットが付いているので、冷蔵庫やパソコンデスクなど様々な場所に簡単に取り付けることが可能となっている。

マイク内蔵でハンズフリー通話が可能

スピーカー本体にマイクが内蔵されているのでスマホでのハンズフリー通話が可能となっている。

オーディオ入力端子を搭載

オーディオ入力端子を搭載しているのでウォークマンやパソコンなど外部機器の音楽を楽しむことが可能となっている。

付属のストラップでどこへでも持ち運びが可能

ストラップが付属しているので持ち運びがしやすく、どこへでも吊るすことが可能となっている。

スピーカー単体で曲の送り戻しが可能

物理ボタンを搭載しているためスピーカー単体で電源のオン/オフ、曲送り/曲戻し、音量の+/-が可能となっている。

IPX5とは

IPX5とは、電子機器の防水性能に関する等級のうち、「防噴流形」、すなわち、水の噴射を直接浴びても機器本体に有害な影響がないことを表す等級である。

IPX5とは防水性能の等級を表していて、ちょっと水がかかったくらいでは大丈夫で、いわゆる生活防水程度の性能があると思ってもらってもいいんじゃないでしょうか。
ZNT PocketNekoの性能
 製品仕様ZNT PocketNeko
 Bluetooth使用Bluetooth 4.0
 キャリア周波数18-80Hz
 バッテリー容量2200mA
 入力5V/1A
 防水機能IPX5
 AUX3.5mm
 伝送距離10m(障害なし )
 持続音楽再生8時間
 外形寸法(直径×高さ)12.5×3cm
 重量350g
 保証期間1年間
 付属品PocketNeko、USB充電ケーブル、AUXケーブル、ストラップ、取扱説明書

開封

ZNT PocketNeko
ZNT PocketNeko

パッケージが既に猫デザインでかわいい。箱を開けたらまた猫がっ!

ZNT PocketNeko

スピーカー本体、充電用MicroUSBケーブル、AUXケーブル、専用ストラップ、取扱説明書が付属。

説明書もしっかり日本語表記でわかりやすいです。

本体を写真でチェック

ZNT PocketNeko

ZNT PocketNeko
ZNT PocketNeko
ZNT PocketNeko

めちゃくちゃ・・可愛いです・・。本当にこれがスピーカーなのかと疑いたくなるくらい可愛らしいデザインです。本体のサイズは直径12.5cmで高さ(厚み)は3cm、重さは350gほど。手のひらにすっぽりと収まるコンパクトサイズで、表面は布張りになっています。

丁度口の部分(光っている場所)が電源ボタンとなっており、ここを3秒押し続けると電源が入り青く光ります。また、充電中はここが赤く光るようになっています。

また、右目と左目もボタンとなっており、音量の調整や曲送り/戻しができるようになっています。

操作方法

一時停止/再生

電源ボタン(口部分)を押す。

音量調整

左の調整ボタン(左目)を長押しすると、音量を小さくする。

右の調整ボタン(右目)を長押しすると、音量を大きくする。

曲送り/曲戻し

左の調整ボタン(左目)を1回押すと、曲戻しをする。

右の調整ボタン(右目)を1回押すと、曲送りをする。

ZNT PocketNeko

裏側は中央部分(ZNTのロゴ部)がマグネットになっており、色々な場所に張り付けることが可能となっています。マグネットの周りはゴムになっているので滑り止めの役目も果たし、安定して設置できます。また、ストラップを通すストラップホールがあるので付属のストラップを使い吊り下げて使うことも可能です。切れ目が入っている部分は防水キャップです。

防水キャップ部をパカっと開くと充電用のUSBポートとAUXケーブルの差込口(IN/OUT)があります。AUX接続が可能なのでBluetoothでの再生だけではなく、ウォークマンやパソコンなどにつないで音楽を楽しむこともできます。

設置できる場所は無限大

ZNT PocketNeko

本製品にはマグネットやストラップ、滑り止めのゴムもついているので様々な場所に設置をすることができます。

ZNT PocketNeko

ストラップを使い壁にかけてみたり。

キッチンに吊るして料理をしながら音楽を楽しんでみたり。

吊るしたり張り付けたりと様々な設置方法が可能です。

音質について

さて、肝心の音質について。

当然と言えば当然だと思いますが、スピーカーを購入する際に一番気になるのがこの音質だと思います。音質の良いスピーカーがいいけどそういった物は大体が価格が高い物が多いです。また逆に価格の安いスピーカーは音質があまりよくない物が多いイメージですね。この音質の良さと価格の安さのバランスの取れたものがあると丁度いいんですけどね。世の中そう上手くはいかなかったりするものです。

さて、果たしてこの『ZNT PocketNeko』の音質は一体どうなのか。2018年2月4日現在、価格はamazonにて2,980円と中々魅力的な価格です。4W×2の8Wはこの価格、サイズからは中々頑張っているスペックだと思います。

音楽をかけてみて一番初めに思ったのは、「思っていた以上に音質がいい」でした。思っていたより悪くないというよりは思っていた以上に音質がいいなと。

高音は中々に綺麗な音が出てくるし、低音も中々に頑張ってる。音量を上げれば上げただけ大きな音が出てくるし、音が割れるといったこともない。なので音質については「思っていた以上に音質がいい」とわたしは思います。

ただ、この場合の音質がいいというのは、この価格とコンパクトなサイズからしてみたら予想以上の音質だという意味で、やっぱり2~3万円するようなスピーカーと比べると高音のノビや低音のパンチ力の物足りなさはあるんじゃないかなと思います。とはいえ、2000円台でこの音質ならば十分合格だと言えるレベルなんじゃないでしょうか。

まとめ

最後にすごく簡単にまとめると、『ZNT PocketNeko」は可愛らしいデザインで設置する場所を選ばないですし、この価格とサイズ、防水やマグネットなどの多機能性などから考えればかなりコスパの優れたBluetoothスピーカーではないかと思います。

保証が付いているのも特徴で、購入日から1年間は代替品もしくは返金が保証されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)