【速報】AmazonPrimeDay 2018 開催決定!

オタクが初めてパーマをかけた話

オタクが初めて パーマをかけた話

僕は基本的にオシャレというものにあまり興味がない。いい年して洋服はユニクロやGUだし、美容室も学生の頃からずっと同じところに通っていて毎回「適当に切ってください」で済ませてしまっている。

もともとくせ毛気味で、毛髪の量が多く、針金のように硬いという何ともめんどくさく手のかかる髪質だったのだが、美容室に行っては「適当に切ってください」「お任せでお願いします」「好きなように切っちゃってください」などと美容師にとって1番めんどくさいであろう注文をしていて我ながら本当にめんどくさい奴だなとこの記事を書いていて今更ながらに思った次第だ。

そんなめんどくさく抽象的な注文だったのにもかかわらず、毎回オシャレにカットしてくれる美容師さんには本当に感謝している。めんどくさい奴だったかもしれないが、美容師さんは(好きなようにカットできて)もしかしたら案外楽しんでいたのでは?と思えるぐらい毎回実に様々な提案をしてくれた。

美容師

ちょっと髪を伸ばしてみてボブっぽくしてみませんか?
よくわからないけどおk

ぼく

美容師

おでこを出してみましょうよ!絶対似合うと思います!
よくわからないけどおk

ぼく

美容師

絶対似合うと思うのでベリーショートにしてみましょうよ!
よくわからないけどおk

ぼく

やはりプロというのは凄いもので、注文が適当でもそれなりにしっかりと本人に合った見栄えの良い髪型にカットしてくれるのだ。

ちなみに、今までで1番意外だった髪型はツーブロックだった。だってツーブロックってリア充とかいうパリピのする髪型だと僕は思っていたし、世間の流行り的な意味でも実際にそうだと思う。それが、だ。オシャレに一切興味のないオタクの僕がツーブロックにチャレンジしたのである。そして意外と似合ってしまうものなのである。(何回も言うがやっぱりプロは凄い)

そんな感じの流れで今回はそれよりももう一歩踏み込んで人生初のパーマをかけてみようということになったのだ。(非常に長い導入で申し訳ない)

初めてのパーマ

そう。なんといっても人生初のパーマなのだ。とは言っても今までに髪を染めたこともあったし、縮毛矯正をかけたこともあったのでそこまで未知の領域というわけではなかった。とはいえ、クルクルとした洒落乙感満載の髪型は僕のような種族が手を出していいような髪型だとは思っていなかったし本当に似合うのかどうか心配だった。

パーマ自体の工程はそこまで変わったものではなかった。液をつけてクルクルに巻いて、また液をつけてからくるくると回る変なUFOみたいな機械で温めるだけ。

美容師

本当はもうちょっと長いほうがいい感じになるんだけど、これでも結構くるくるするから最初は驚くよ~

なんて説明を受けながら、(コミュ障なんだから我に話しかけるでないぞ)と心の中で思いながら必死に雑誌を読んでいたらあっという間にできあがったのだった。

実際パーマってどうなの?

んで、実際にパーマってどうなのかって話なわけで、最初に書いある通りオシャレにはあまり興味がないわけであまり髪型にこだわりを持つことはなかったんだよね。

でも実際に今回パーマをかけてもらってワックスでセットしてもらったらめっちゃお洒落なわけ!これ冗談抜きでいい感じの髪型になったんだよね。ああ、世のリア充たちは髪を切るときに毎回こんなことやってるんだなって実感したわけだ。

パーマをかけた後に友達なんかと遊んだ時にもみんな似合ってるって言ってくれるしちょっと嬉しかった。世のオタク諸君は勇気を出して一度パーマというやつをかけてみるべきだと思う。髪型が変わるだけで人の印象はめちゃくちゃ変わると僕は身をもって体験したのだ。

パーマをかけて困ったこと

ただ、パーマをかけて困ったこともある。オシャレな髪形になるもののメリットとデメリットがあるといった感じだ。メリットはもちろんオシャレな髪形になることなのだが、デメリットとしては今まで気を使ってこなかった髪の毛・髪型に気を使わないといけないということだ。

例えばパーマをかけた後はパーマが落ちにくいような刺激の弱いシャンプーを使ってみるだとか、トリートメントを使って髪に気を使う必要が出てくるだとか、せっかくパーマをかけたのだから外出時にはワックスを使ってオシャレにセットしないといけないことだとか。

ただ1番困ったのは、恥ずかしい話ではあるが美容師さんがワックスを使ってオシャレにセットしてくれた髪型を自分で再現できないこと!これはもう本当に自分でどんだけ頑張ってクルクルしてみたりクシュクシュしてみても当時の髪型を結局再現できることはなかった。(やはりプロは凄い)

こればっかりは完全に自分の力不足だろう・・。とはいえ割と適当なセットにしてもいい感じに見えてしまうのでそこまで気にはしなかった。(パーマ最強すぎやろ)

1度はオシャレな髪形にチャレンジしよう

パーマだとかカラーだとか身なりに気を使ったほうがいいと頭ではわかっているんだけど、実際に行動に移せないオタクの人は多いと思う。だがしかし、今回身をもってパーマの威力を体感した僕から言わせてほしい。

頑張って1度はオシャレな髪形にチャレンジしてみたほうがいい!

脱オタしたいならこれは本当にそう思う。特に普段自分の髪型にこだわりを持っていない人ならかなり外見でのイメージが変わるはず。人は見た目が9割とよく言うけれど、その9割の中でも髪型が占める割合は実はかなり多い。イメチェンをしたいなら髪型を変えて眉毛を整えるだけで大分見違えるようになるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)