男性のニキビ跡ができる原因と正しい改善方法について

男性のニキビ跡ができる原因と正しい改善方法

男性って女性と比べると正しい肌の手入れ方法をあまり知らない人が多いのでニキビやニキビ跡に困っている人って多いのではないでしょうか?(特に思春期の男性は大変ですよね)

男性のニキビ跡の原因についてまとめてみた

ニキビ跡は一度肌に形成されると中々消えませんので、悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。

ニキビ跡が顔の目立つ部分にあるだけで、「汚い」「不潔」といったイメージを周りに与えてしまいますよね。

男性のニキビ跡の原因は種類によって違いがありますので、それぞれ簡単に見ていきましょう。

赤みタイプのニキビ跡

ニキビ跡の中でも、赤みは代表的な症状の一つです。

顔にポツっと形成されたニキビが治った後も、次の理由で赤みが肌に残ったままになります。

・皮膚の内部ではまだ炎症の残骸が残っている
・アクネ菌が出す菌体に対して過剰な炎症反応が引き起こされている
・細胞が放射したサイトカインや蛋白分解酵素が残っている
・傷付いた細胞を修復する目的で血管が開いている

ニキビの炎症が皮膚の内部に残り、赤みタイプのニキビ跡に変化していく仕組みです。

「赤ら顔のようになるから嫌だな~」と感じている男性はいますが、ニキビ跡の中では軽い状態ですので改善は難しくありません。

しかし、そのまま放置したり太陽の紫外線を浴びたりすると、次の症状に進行する恐れがありますので注意してください。

色素沈着(シミ)タイプのニキビ跡

色素沈着タイプのニキビ跡は、シミになった状態を指します。

なぜニキビが治った後に色素沈着が生じるのか、考えられる原因をまとめてみました。

①ニキビが肌に形成されるとメラノサイトが細胞を守る目的でメラニンを放出する
②正常な状態であれば、肌の生まれ変わりのターンオーバーでメラニンは排出される
③何かしらの理由で新陳代謝が低下していると、メラニン色素が内部に残ったままになる
④茶色っぽいシミとして肌に長く残り続ける

軽度のシミであれば、セルフケアでも改善できます。

ただし、悪化するほど簡単には消せなくなりますので、早めに色素沈着タイプのニキビ跡のケアを始めましょう。

クレータータイプのニキビ跡

クレータータイプのニキビ跡は、最も治りにくい厄介な症状です。

「凸凹肌」「クレーター肌」「陥没肌」と呼ばれる状態で、頬の辺りがデコボコになって悩んでいる男性はたくさんいますね。

以下では、ニキビ跡がクレーター状になってしまう原因をまとめてみました。

①私たちの肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されている
②真皮層にできるニキビ跡は血管がダメージを受けると赤黒い色素沈着が起こる
③真皮を内側から支えている皮下組織まで炎症が進行する
④肌が更にダメージを受けて高確率でクレーター状のニキビ跡ができる

この状態まで進行すると自宅でのスキンケアでキレイな肌に戻すのは無理がありますので、美容皮膚科や美容クリニックでの治療が必要不可欠です。

男性のニキビ跡の正しい改善方法はこれだ!

既にニキビ跡ができている男性は、そのまま放置してはいけません。

今は軽い状態であまり目立たないとしても、時間の経過でダメージが積み重なると色素沈着(シミ)やクレーターに変化していきます。

症状が進行するほどニキビ跡は治りにくくなりますので、早めのスキンケアが必須です。

ここでは男性のニキビ跡の正しい改善方法を紹介していますので、是非一度実践してみてください。

正しいスキンケアを心掛ける

医師の4割弱は、ニキビ跡の改善でスキンケアは効果がないと考えています。

しかし、間違ったスキンケアを継続することで、ニキビ跡の症状が悪化しやすいのは紛れもない事実です。

確かに凸凹のクレータータイプのニキビ跡はセルフケアではどうしようもありませんが、赤みが出ている程度の状態であれば正しいスキンケアで改善できますよ。

そこで、ニキビ跡で悩んでいる男性は、下記の有効成分が含まれた化粧水や美容液を使ってみましょう。

・ヒアルロン酸ナトリウム
・加水分解コラーゲン
・セラミド
・プラセンタエキス
・ローヤルゼリーエキス
・海藻エキス

これらの成分を含むメンズスキンケア用品で保湿をしていると、肌が新しく生まれ変わるサイクルのターンオーバーが整っていきます。

ターンオーバーを正常化すれば、ニキビ跡や凸凹肌が目立たなくなる可能性は十分にあるのです。

男性は女性よりも肌がカサカサと乾燥しやすいため、保湿を重点的に行うスキンケアを心掛けてみてください。

ピーリングで古い角質を除去する

頑固なニキビ跡には、ピーリングが効果的です。

ピーリングとは肌の表面の古い角質をこすり取って新陳代謝を促す美容法で、自宅でもケアできます。

どのようなピーリングがニキビ跡の改善に向いているのか見ていきましょう。

・粒を肌の上に転がして古い角質を浮かせながら除去する「スクラブ洗顔」
・AHAやBHAなどのフルーツ酸でターンオーバーを促す「ピーリング石鹸」
・古い角質や余計な皮脂を肌から除去できる「ピーリングジェル」
・超音波で水を蒸気化して古い角質を取り除く「ピーリング機能付きの美顔器」

男性が美顔器を使うのは抵抗があると思いますので、スクラブ洗顔やピーリング石鹸がおすすめです。

ただし、あまりにもピーリングをやりすぎていると肌への刺激やダメージが加わりやすいため、どんなに多くても1週間に2回程度の頻度に留めましょう。

メンズ専用のNULLBBクリームで隠す

ニキビ跡をセルフケアで改善する場合、症状の程度によって違いがありますが、長い期間がかかります。

化粧水や美容液によるスキンケアで1週間や2週間でキレイな状態に戻すのは無理がありますので、メンズ専用のNULLBBクリームを使ってみましょう。

NULLBBクリームは、ニキビ跡や青ヒゲ対策に効果的な化粧品です。

メンズ用BBクリームとして、「楽天ランキング デイリー第1位」「楽天ランキング リアルタイム第1位」と確かな実績を残しています。

NULLBBクリームの魅力的なポイントは次の4つです。

・自然な色合いで頑固なニキビ跡や加齢によるシミ、寝不足によるクマや消えない青ヒゲをキレイに隠すことができる
・「SPF30」「PA++」の取得で、肌トラブルの原因になりやすい紫外線をカットできる(日焼け対策ができる)
・潤いたっぷりのオーガニックエキス配合で、肌をしっかりと保湿してくれる
・サリチル酸やカミツレ花エキスを中心に、ニキビや肌荒れにアプローチする天然成分が含まれている

肌にコーティングしてキレイに見せながらも、保湿ケアやエイジングケアができるアイテムですので、ニキビ跡で悩む男性はNULLBBクリームを使ってみてください。

NULLBBクリームの公式サイトはこちら

美容クリニックで治療を受ける

クレーター状のニキビ跡をキレイな状態に戻したい男性は、美容クリニックで治療を受けるべきです。

医療機関で違いはあるものの、下記のように様々なニキビ跡の治療が美容クリニックでは実施されています。

・肌に小さな穴を点状に開けて細胞の入れ替えを行い、新しい肌に生まれ変わらせる「フラクショナルレーザー」
・肌の表面にレーザーを照射し、クレーターの角を削りとってキレイにならす「炭酸ガスレーザー」
・皮膚に化学薬品を塗布して余計な角質を剥がしてターンオーバーを促す「ケミカルピーリング」
・ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど、美肌成分を肌の奥に効率良く浸透させる「イオン導入」

自宅でのスキンケアで変化を実感できなかった男性は、クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

頑固で目立つニキビ跡でも、自宅でのスキンケアや美容クリニックでの治療でキレイに改善できます。

どの種類のニキビ跡も改善しにくいのは事実ですが、元通りの肌に戻すのは不可能ではありません。

もちろん、ニキビを予防していればニキビ跡に変化する事態を防ぐことができますので、日々の生活習慣も同時に見直してみてください。

ニキビ跡や青ヒゲ対策に効果的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)