アウトドア用品のトップブランドとして絶大な人気を誇るコールマン

アウトドアブランド コールマンが人気の理由

アウトドア好きであれば誰もが一度は名前を聞いたことがあるであろう人気ブランド、Coleman(コールマン)。コールマンが送り出す製品はアウトドア初心者からベテランキャンパーまで幅広い層に愛されていることでも知られている。

このブランドがそこまで高い人気を誇るのは、それなりの理由がある。今回の記事では、コールマンというブランドが持つ魅力について解説する。

コールマンの原点

始まりはランプのレンタル業

コールマンの創始者であるウィリアム・コフィン・コールマン(W・C・コールマン)は弱視であり、文字を読むことに日々苦労していた。ところが、ある日訪れたドラッグストアでは、強烈な光を放つガソリンランプが店内を照らしていて、そこでは薬瓶に書かれた細かな文字でもはっきりと楽に読むことができた。

すぐさまこのランプの将来性を見抜いたW・C・コールマンは1900年に会社を興し、ガソリンランプをレンタルする事業を開始する。こうして世界的に著名なアウトドアブランドであるコールマンは、ランプをレンタルする事業から始まった。

その後、1903年に「コールマン・アーク・ランプ」を開発。ここにコールマンブランドのランプが初めて誕生、1905年にはランプの自社生産を開始、品質の良いランプを独自で生産できたことで、会社は一躍有名になったのだ。

アウトドアブランドへの事業転換

経営が軌道に乗っていたコールマンであったが、1960年代になると事業転換を余儀なくさせられることになる。ガソリンランプをはじめ、コールマンの生産する製品は需要の落ち込みを受け、次第に競争力を失っていったのだ。

そこで、立ち上がったのがW・C・コールマンの後を継いだ長男のシェルダン・コールマンである。シェルダン・コールマンはアウトドアスポーツが大好きで自然を愛してやまない人間だった。

会社が新たな方向を模索していた時にアウトドア用品全般を取り扱うように事業方針が変更されたのは当然の流れであった。以後、アウトドアブランドとしてのコールマンが確立していくことになる。

コールマンはなぜ人気なのか?

アウトドア初心者から上級者まで幅広い人気

コールマンのアウトドア製品は老若男女を問わず人気がある。機能性に富んだ数々の製品は初心者にでも扱いやすく、長年コールマンの製品を愛用しているアウトドア愛好家も多くいる。アウトドア好きで知られている著名人にもコールマン製品の愛用者は多い。

人気ブランドである一方で、誰もが入手しやすいということがコールマンブランドの特徴だろう。コールマンの製品を専門に扱っているアウトレットの店舗が存在することや、専用のオンラインショップがあることは、人々がコールマンの製品に親しみやすい大きな理由だといえる。

抜群のコストパフォーマンス

値段以上のパフォーマンスを発揮してくれる製品が揃っていることはもちろん、リーズナブルな値段で買い求めることができる高性能な製品もたくさんあるというのもポイントだ。

アウトドアグッズは頑丈さや安全性などの一定の品質が求められるという性質から比較的高額な価格になりがちなのだが、コールマンの製品ではその品質に対するコストパフォーマンスが抜群に高いのだ。

初心者でも気軽に購入することができる価格設定、ベテランでも安心して使うことができる確かな品質。それがコールマンの製品が広く愛されている理由の一つだろう。

アウトドア=地味はもう古い

おしゃれであることもコールマンの製品にある強みだ。たとえば、コールマンのリュックサックは多くの荷物を入れることができる機能性を備えているが、野暮ったい印象を感じさせない。それどころかスポーティーなデザインであるコールマンのリュックは通勤や通学の際にもおしゃれに使用することができる。

しかも製品のラインナップが豊富にあるので、コーディネートに気を配ってアイテムを選ぶこともできる。こうした理由からファッション敏感でアウトドアを手軽に楽しみたい若者にコールマンブランドは強い支持を得ているのだ。

また、時代の流行を取り入れた新製品が次々と発表されるので、コールマンは人々の心を捉えて離すことがないというのもポイントだろう。

コールマンの製品づくりにおける情熱

ユーザー第一の製品づくり

コールマンは、たとえ製品づくりの効率を悪くしても、「使いやすさ」という点は絶対に譲らない。

たとえば、大きくて広々としているコールマンのテントは、ユーザーにとって居心地がよく中で着替えもできる点でとても便利だ。テント製造にかかる費用のことを考えると、強くて丈夫なテントをつくる場合は小さい方がいいのだが、それは開発側の都合でユーザーには関係のないこと。

コールマンのテントは、ユーザーがランタンをかけやすいように、フックの高さまで計算されている。このようにどうしたら使いやすいかをコールマンの製品を愛用している客層のデータを分析して開発された製品も少なくない。

万人が手軽に使用できる製品づくり

ユーザーにとって使いやすい製品をつくるためなら妥協を許さないという姿勢を貫く一方で、一般の人々が手の届く範囲内の値段で製品を売ることを意識している点もコールマンのすごいところだ。

徹底的に機能性にこだわった製品を開発することができても、価格が高過ぎれば、それを買い求める客層は当然限定されることになる。「みんなに愛されるブランド」であって欲しいと願うコールマンは、より使い勝手のいい製品づくりを目指しながらも、できるだけリーズナブルな値段で製品を売ることを忘れない。

あくまでも万人が手軽に使用できる製品づくりをするというところに、コールマンのアウトドア製品にかける情熱の源がある。

人々はなぜコールマンの製品に惹かれるのか

コールマンは常にユーザがアウトドアをより快適に楽しめる製品開発に取り組んでいる。人々がコールマンの製品に惹かれるのはそこにある。

コールマンのLEDランタンは、使い勝手という点では他社の追随を許さない。ランプメーカーとして長年の実績を持つコールマンが「明るく灯す」ことにかける思いはLEDの時代になっても変わらない。

コールマンのランタンでおすすめなのが、「クアッドマルチパネルランタン」だ。ランタンについているLEDの発光パネルは4枚に分割可能であり、一つのランタンで4人分の光源をそれぞれ確保することが可能である。スマートフォンの充電ができるという点でも、アウトドアと相性が良くクアッドマルチパネルランタンは非常に優れている。

そして、機能性が高く設置しやすいテントを数多くリリースしているのがコールマンだ。 「タフワイドドーム4/300」は コールマンで定番となっているテントで、愛用しているアウトドア愛好家も多くいる。

タフワイドドーム4/300の特徴としては、通気性のよさがあげられる。テント内の熱気は上部のメッシュ部から排出される構造になっているので、快適さを保つことができる。もちろん、耐久性に優れていて、組み立てやすいということも、タフワイドドーム4/300が多くの人に愛されている理由である。

アウトドアに関するイベントも充実

コールマンの2代目社長であり、スポーツマンで自然への愛が溢れた人物であるシェルダン・コールマンは、5000マイル以上をカヌーで旅をした経験を誇る。

シェルダン・コールマンは1982年にアメリカのアウトドア雑誌で「すばらしいスポーツマンであると同時に熟練したビジネスマンである」と評され、1985年にはレーガン政権下でアメリカン・アウトドア委員会の理事に任命された。アウトドアをこよなく愛する精神は、今もコールマンに引き継がれている。

より多くの人がアウトドアを好きになってほしいという理念の下、コールマンは製品の販売だけでなく、アウトドアに関するイベントも熱心に開催している。「コールマンツアーズ」では、アウトドア初心者でもキャンプを楽しむことができるイベントが数多く開催されている。

「キャンプをしたいと思っているが、テントの張り方などわからないことが多くある」という人でも、「コールマンツアーズ」のイベントに参加することでキャンプのノウハウを一から教わることができる。

もちろん、カヌーやカヤックなどを楽しむイベントもある。熟練のアウトドア愛好家でも、コールマンツアーズで交友関係を広げることが期待できるだろう。

コールマンのホームページから、コールマンツアーズのスケジュールをチェックして好みのイベントに応募することができる。興味がある方は参加してみてはいかがだろうか?

最後に

ユーザー目線での製品開発を徹底的に追求しているコールマン。ユーザーにとって使いやすい製品をつくるためなら妥協を許さないという姿勢を貫いているため、コールマン製品の品質が低下することはないだろう。ロングセラーのアイテムが多いのも、このブランドの大きな特徴の一つ。今後もコストパフォーマンスに優れた品質の高い製品を世界に発信し続けるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)